正直言って、絶対許せないです。

先日、身体障害者の施設に入り込んで

入所者を刺殺した26歳の男性がいましたが

私のように身体障害者の身内を持った人間から言わせれば

絶対許せない事件を引き起こしたと言えます。


確かに身体障害者の介護は精神的にも肉体的にも

辛くて大変である事は認めます。


でも、他人の命を勝手に奪うなんて

あっては絶対イケナイ事です。

身体障害者にも人権があります。


確かに能力的には健康な人からは、格段に落ちます。

でも、生き残る事に必死な方が大半です。


言葉が不自由になったり、運動能力が数分の一になったり

知能が低下しても、一緒に生活している人間にとっては

家族なんです。


血肉を分けあった、家族なんです。


その家族の命を第三者が勝手に奪って良いなんて

絶対許されて良い訳はありません。


私のように、両親が身体障害者になってしまい

今年で36年を経過した人間から言わせれば

全てを全否定されたような気分になりました。


確かに、今の介護生活が普通の生活に戻る為には

母が亡くならない限り、不可能な話です。


年々、今まで出来た事が出来なくなってくる現実を

肌で感じながら、日々生活をしています。


それでも母と過ごす時間が少しづつ確実に短くなっているのは

明らかな事実ですが、その限られだ時間の中で

少しでも笑顔で、ごくごく普通の生活を続けていきたいと思うのが

家族として、当たり前の考えではないでしょうか?


確かに口に出せないほど、自己嫌悪になったり

なんで自分だけ、こんな人生なんだろうと考え込む事もあります。


でも、運命を恨んだところで、現状が改善する訳でなし

母の身体が元どおりになる訳でもありません。


カチンと来たのは、身体障害者に使う税金がドオコオ言う前に

違法行為の大麻をしていたなんて、ふざけるにも程があります。


麻薬に手を染めた人間に、正常な判断はできませんが

それにしても余にも凄惨で悲惨な事件です。

加害者にも人権が有るように、被害者にも人権が存在します。

個人的な感情が勝っているのかも知れませんが

今回の事件を引き起こした人間には

許される範囲での極刑を望んでしまうのは

私の人間性が未熟なのかもしれませんね。


最後になりますが、今回の事件で命を落としたり

大きな負傷をなさった方には

心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。
スポンサーサイト

('◇')ゞ嬉しい事であります。

最近、仕事が立て込んできました。

('◇')ゞ嬉しい事であります。


仕事をしている以上、暇でボ~っとしているより

パタパタ動いている方が、肉体的には疲れますが

精神的には楽しくて、気持ちの良い疲労感が味わえます。

根っからの現場の人間だと、しみじみ想う瞬間です。 (^ー^)


最近はタイヤ交換・オイル交換が続いていますが

冬にダメージを受けた、フロントのバンパーの修理なんかも

増えています。


昨年消費税は上がるは、商品の値上がりはするはで

御客様のご予算も、厳しい状態になっているのは致し方ない事で、

最近は新品部品と交換するのではなく

修理するか?又は中古部品と交換するパターンが増えています。


だから新品部品を取り扱っている部品屋さんは

売上が下がっていると (+_;)ですし

中古部品を取り扱っている所でも、何故か? (+_;)です!


なんでなの?と聞いてみたら、クズ鉄の価格が大暴落して

大変だとの事! (´Δ`;)


確かに!そりゃ大変だわねぇ~!・・・/(^◇^;)

まぁ、修理業の我々も、車検の台数が減っているのは事実ですが

生き残らなければならないのは、お互い様なので

苦しくてもp(^-^)q 頑張るしかねぇっす!


下を向いていたって始まらないし

前向きに、コツコツ努力するしか、ねぇべさ!└(^へ^)┘!


笑う門には福来るって、いいますからね >w<b

だから、最近の私は、かなり冗談が増えましたので

私の冗談の被害者は増加中です。f(^_^) ぽりぽり!

4月は変革の始まりかぃ?(´Δ`;)

いゃ~3月中過ぎから色々と状況が変わってきました。

さすがに移動の時期ですねぇ。

御利用頂いていた御客様で転勤なされた方がいましたし

以前御利用頂いた御客様が

リピーターとして、再利用なされる方も増えてきていて

嬉しい様な悲しい様な、複雑な気分です。(´Δ`;)


会社としては長年利用していた看板も

交換する事になりましたが、看板屋さんも4月は忙しいらしく

新しい看板が登場するのは、4月後半になりそうです。

新しい看板で、新たな気持ちで御客様を迎えたいですね(^_^)


そして看板が切っ掛けで、色々と考えてみたら

自宅も工場も、だいぶ傷みが進んできているのが改めて解り

何年か先には、大きくリフォームが必要になりそうです・・・/(^◇^;)


今から計画を立てて少しづつ予算を作る事も必要です。

いずれにしても、中・長期の計画を進行させないとマズイっす (-.-)y-゜゜゜


私自身としては、治療が必要だった奥歯が

ウソのような本当の話で遂に4月1日朝にアウトになったので

月曜日から歯医者さんの御世話になりました。(→o←)ゞ


でも、歯医者さんって治療に時間がかかるので

全ての治療が終わるのは、来月かな?と想っていますが

ちょっと憂鬱ですね(>.<)


サル年とトリ年は変化が激しい年と聞いた事がありますが

私に関しては、本当に当たっています。


今年が自分自身にとって良い年への変革の年になるように

じっくり腰を据えて、冷静に判断しながら

進めないとダメみたいです。


桜前線も、北上中です。

桜の便りと共に、笑って過ごせる年にしたいですね(^_^)

3月は変化の始まり月なのかな?f(^_^)

最近、何年か前にご利用頂いた御客様から

修理のご用命をいただいたり、

以前前1度だけ、ご利用頂いた御客様からの修理予約を

頂いたりと、ちょっとだけ嬉しい事が続いています。(^_^)



でも、反対に母の体調が不安定で

色々と振り回される事が増えてしまい

まぁ精神的には辛い3月を過ごしています。 (´Δ`;)


今月26日には新幹線も北海道で開業するだけに

今年の3月は変化の始まりの月なのかな?・・・/(^◇^;)


人間は良い方向に変化と言うか、進化する分には大変嬉しい事ですが

大半の場合は、悪い方向、ある意味退化してしまうパターンが

多いように感じます。(^^;


たぶんコレは、月日を重ねる事で経験した事を

素直に自分なりに試行錯誤して、対処方法を必死で実践した事は

少しづつでも、進化する事が出来るのでしょうが

保身に走ったり、身勝手な考え方に終始してしまうと

人間的に退化してしまうのかもしれません。(∋_∈)



私自身も今までの経験や見聞きした事や周囲の方達の協力で

生き残れたと思いますが、間違えても自分の実力で生き残ったとは

想った事は、一度もありません。


私達の様なエンジニア=技術畑の仕事をしていると

ドンドン新しい技術で開発された機械やシステムが出てきたり

毎年法令が変更されたりと、まぁ忙しい事、慌ただしい。 (→o←)ゞ


解らない事だらけ、初体験なんてしょっちゅうです!

だから知っている方に素直に頭を下げて聞くしかない。

教えてもらうしかない!

そうじゃないと、仕事が進まないし御客様に喜んでいただけない!


そして、結果報告を教えて頂いた方に、

きちんとしないと次に繋がらない! (⌒_⌒;



聴きっぱなし、投げっぱなし!は絶対ダメ!

後から必ず、何倍にもなって自分に跳ね返ってくる。


亡くなった父は、よく「トイレに行って用事をたして

汚れた所を拭かずに出る奴はいない!」と言っていましたが

確かに言えてる!  ^O^;・・・親父すげぇな!


使った道具は、自分で片付ければ良いだけです。

汚したら、綺麗にすれば良いだけです。

片付けたくないなら、汚さなきゃOK

綺麗なままなら、問題無し!

答えは意外とシンプルです。^-^;


時と場合に寄っては、切り捨て、廃棄しないとダメなモノも有りますし

残しておかないとダメなモノのありますね。

ケースバイケースでしょうが、何でもかんでも新しいモノが全て良いとは

想えないけど、古いモノに固執する必要も無い筈です。


今月は少し自分自身を見直す事ができた月だと思いますね。(^.^)

介護問題は難しいですわぁ~ (→o←)ゞ

今年になってから、急に母の介護で色々と悩まされたり

心配するケースが増えています。(→o←)ゞ


母も今年で89歳です。

健康体の方でも、ちょっとした事で動けなくなったり

体力・抵抗力が落ちて、今まで予想していなかった

アクシデントが発生する年齢なのかもしれません。(´Δ`;)


御蔭様で母に関しては、少しづつ気温が上昇するにつれて

私の心配している事柄が、少しだけですが落ち着いてきたいなので

ちょっとだけ、最近ホッと一息つけれるようになりましたけど

私以上に大変な想いをしている方って

世の中には相当な人数がいるのでしょうね? (^^;



考えてみたら、父が他界したころは

介護保険なんて、存在していなかったし

今のように、介護に付いて問題が発生しても

相談できる場所すら数少なかった時代に比べたら

いまは多少マシなのかもしれませんが

家族の負担や苦労は、実際体験している方でないと

ナカナカ理解することは、難しいと思いますし

介護に疲れきって、悲しい事件を引き起こす方の気持ちも

私には、少しは理解出来ますね。(^_^;


在宅の介護って24時間体制で年中無休みたいなモノですから

余程、精神的にも肉体的にもタフじゃないと、

介護をしている人間は疲弊しきってしまいますから

気持ちの行き場を失ったら、最悪ですからね (>_<)



実際、私と同じような状態の方達とお話をしてみると

兄弟が何人いても、実際面倒を看る人間は一人だけらしいですし

離れた場所に住んでいる肉親に限って、

口は出すけど、手と御金は出さない。

自分の都合が最優先!

面倒な事は押しつけて、文句だけは人の3倍言う!(∋_∈)最悪ですわ!


まぁ、ほぼこの実態は、残念ながら何処の家庭でも

ほぼ同じみたいですね。┓(´_`)┏ やれやれ!


同じ親から産まれた子供でも、なんでこんなに違いが出るのでしょネ?

特に独身の時なら、未だ良いのですが

家庭を持ってしまうと、残念ながら

家族間のトラブルになるケースが多いようです。(→.←)


兄弟・姉妹の皆さんで平等に介護に協力しあえば

個々の負担はかなり小さくなると想うのですが

残念ながら、理想でしかないケースが大半のようです。(T△T;)


身勝手な考え方、生き方に染まってしまった人間を

介護を実施している人の負担軽減に協力するようにするのは

生き方を変えろと言っているのと同じ事なのかもしれません。

死ぬまで好き勝手ができる人生って存在しないと思うのですが・・・/(^◇^;)


自分の事だけしか見えていなし、考えられないから

兄弟・姉妹がどんなに傷つき苦労しているのか?

気がつかないのでしょうし

解っていて実施しないなら、さらに最悪ですが

嫌な事や苦労はしたくないのが本音なのかも?しれません。(>_<)


それでも取り返しのつく段階なら、改善の余地はありますが

介護が必要とされる方が他界してしまったら手遅れです。(+_+)


後から後悔しても、後の祭りだし

身内の介護をしたくないと言うことは、介護を必要としている方へ

縁を切る又は死ねと言っているのと同じだと私は思います。


好きで障害者や病気になる人間は絶対いませんょ。

木の間から産まれた訳でもないのに

なんでそんな、残酷な考えが出来るのか?

私には全く理解不能です。┓(´_`)┏


あくまでも個人的な意見ですが

仕事も介護も家庭も、血の通った温かみのある対応

愛情が必要なんではないかな?と想います。

まして医療関係者や介護職の関係者なら、なお更ですが

残念ながら、これに関しては職種は無関係みたいです。

個人個人の性格的な部分がありますので

介護って厄介で難しく時間の掛る問題ですね。(^_^;


他人の痛みや苦しみを、少しでも理解し

和らぐ方法を考えて協力しあえる社会になれば

少しは老後を穏やかに過ごせるのかもしれませんが

今は望んでも絶望的に不可能な時代なのかもしれませんが

希望だけは失いたくないですね。(^_^)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ